東京都立東部療育センター よくあるご質問
お問合せ
TOPページへ
施設概要 ご利用案内 サービスのご紹介 写真館 職員募集
 TOP > 職員募集 > 職員募集

療育部へようこそ

藤野療育部長あいさつ



職員募集
ボランティア募集

「最も弱いものをひとりももれなく守る」を基本としています。

 

 重症心身障害児(者)は、懸命に生きています。そして皆深く秘めた多くの能力をもっています。
私達スタッフは、五感の全てと全身を使って、彼ら彼女たちのサインを受け留めて、一人ひとりの思いを活かす療育を実践しようと努力しています。
ある時ふっと気持ちが繋がったという実感は療育看護ならではの喜びです。
療育看護を通してかけがえのない人生をともに歩みませんか。

療育が初めての方もしっかり支援できるように研修とサポート体制を整えています。
多くの方々が、仲間になってくれることを願い、ご応募をお待ちしております。

病棟紹介

当センターは医療施設であり児童福祉施設です。
病棟は4病棟でそれぞれお花の名前がついています。 2階西病棟は「こすもす」、2階南病棟は「なのはな」、3階西病棟は「ひなげし」、3階南病棟は「ちごゆり」です。
病床数は120床、看護師職員は100名、児童指導員・保育士は20名配置されています。
病棟では、医師、PT・OT・ST・心理指導員、栄養士、MSW、事務職員や委託職員、墨東特別支援学校かもめ分教室教員等、センター全体で多職種が連携をとり医療・療育・教育サービスを提供しています。

療育方式

利用者中心の個別的療育が継続されるとともに、療育部職員の責任と主体性を高めるために「固定チームナーシングと受け持ち制の併用」を取り入れています。
各病棟とも2チーム編成で、各チームにはチームリーダーがいます。
また、個別性を踏まえた継続性・包括性・根拠のある整合性のとれた療育を目的としています。多職種とのカンファレンスや個別計画等をもとに、個々の利用者の特性に応じた目標を設定し、療育を展開しています。

教育体制

開設5年目となる今年度は、東部療育センター中長期計画第2期発展期「医療とQOLの追及」の最終年です。
療育サービス提供に必要な知識・技術・態度を習得し、専門職業人として利用者一人ひとりのニーズにあった質の高い療育の提供と、主体性を持ったキャリア開発を支援していきます。
療育部研修の大枠を院内研修プログラムとして全体内容を示しています。当センターの理念を基本に高い倫理意識を育て日々の療育に必要な知識・技術・態度が学べるよう組み立てています。

 
利用者一人ひとりの個別性を重視した療育の実践

 

カンファレンス

利用者さんへのよりよい療育の提供のため、活発な意見を出し合い計画に反映します。

 

看護記録

電子カルテの導入。療育システム(POS、NANDA看護診断NIC・NOC)を活用して利用者さんの計画の展開や情報の共有化を図っています。

 

研修

ポジショニングの体験学習をしています。

 

新任・技術

新人採用時研修の技術演習の一環で血圧測定をしています。

 

摂食・嚥下機能障害ケア

発達と摂食・嚥下機能、摂食機能障害と食形態との関連、摂食機能訓練と評価などのケアの根拠を学びます 。

 

呼吸理学療法

呼吸理学療法の基礎を学んだ後の技術講習です。体型、体格 、胸郭の動き方をよく観察し、手のあて方・あてる部位、力を入れる方向等に考慮を要するデリケートなケアです。

 

医療機器管理

レスピレーターの管理 。チェック項目、数値等指差し点呼、ダブルチェックで確認の徹底に努めています。

 

経管栄養食

経口摂取が困難な方に対して、経管栄養を用いています。利用者の方の氏名や分量の確認を行います 。

 

リハビリとの連携

リハビリスタッフとの意見交換や指導支援など連携をしています。

 

学校との連携(入学を祝う会)

センター内にかもめ分教室があります。
12名の教師が児童・生徒とマンツーマ ンとなり授業を行っています。
児童・生徒の体調報告、授業中の注意点など、密に連携をとっています。

プール活動

通年で利用できる温水プールがあり、気管切開の方や人工呼吸器の方もプール活動を行っています。

ページ先頭へ
Copyright 東京都立東部療育センター All Rights Reserved. サイトマップ リンク集 個人情報保護方針