東京都立東部療育センター よくあるご質問
お問合せ
TOPページへ
施設概要 ご利用案内 サービスのご紹介 写真館 職員募集
 TOP > サービスのご紹介 (診療の紹介) > リハビリテーションの紹介

リハビリテーションの紹介

リハビリテーションでは、様々な専門職が医師の指示の基に、障害児・者の方々のより良い生活のお手伝いをします。

理学療法(Physical Therapy:PT)

周産期及び小児期に何らかの原因で運動障害をもった方とご家族に対して、以下の内容を主として援助を行います。
  1. 日常生活の様々な動作の基礎となる、寝返り・お座り・這い這い・歩行などの大きな運動の練習
  2. 重度の障害をもった方には、身体を動かしやすくするためのリラクゼーション、機能・体力を維持するための取り組み
  3. 呼吸に障害のある方には、楽に呼吸する為の介助、痰が出しやすい姿勢づくり
  4. 移動や食事・遊びなどを行いやすくするための姿勢保持、身体の変形と拘縮の進行予防を目的とした車椅子・坐位保持装置・補装具の検討及び作製

作業療法(Occupational Therapy:OT)

様々な活動を通して、心身機能の維持と向上を図るとともに生活環境を整え、豊かな生活のために以下のような取り組みを行います。
  1. 生活や遊びに必要な姿勢を保つことや目と手を使った細かい動作や両手動作の練習
  2. 食事、更衣、排泄、入浴などの日常に必要な動作の練習
  3. 学習活動に必要な方向、形、数、色、大きさなどの理解と道具操作の練習
  4. 遊びやゲーム、グループ活動などを通じて、情緒の安定、協調性の向上、対人関係・役割遂行能力、表現能力などの向上
  5. 拡大・代替コミュニケーションの利用など、個々の能力に応じたコミュニケーション手段の拡大と支援

言語聴覚療法(Speech Therapy:ST)

言語聴覚士(STと呼ばれています)が提供しているサービスには、「コミュニケーション」と「食べること」の2つの柱があります。外来で利用される方については、地域の療育施設や保育園・幼稚園・学校などとも連携をはかりながら、進めていきます。
  1. コミュニケーションに関して:
    一人ひとりのニーズに合わせて、認知発達を促す働きかけ、コミュニケーション意欲の向上、理解力・表出力の促進、様々な代替コミュニケーション機器の活用、発音の練習、文字の学習などをお手伝いします。必要に応じて、聴力検査も行います。
  2. 食べること関して:
    より安全に、よりおいしく、より楽しく食べられるように、姿勢の工夫、食形態や食器の選択、口の動きを高める練習、上手に飲み込むための工夫など、様々な働きかけをします。

心理指導について

心理指導では、心身障害児(者)の生活をより豊かなものにするために多様な活動を通して一人ひとりへの発達支援を行っています。
  1. 入所の方への支援
    • 入所の方への個別支援
      個々の発達に応じた関わりを通し日常の生活やコミュニケーション、余暇の広がりを支えます。
    • 入所の方へのグループ活動
      PT、OT、ST、保育士や児童指導員とチームを組み、そのグループの特性を生かした活動を通し人との関わりや新しい体験を楽しみます。
  2. 外来支援
    • 発達相談
      発達や行動に関する相談、生活につながるアドバイスを行います。
    • 発達支援
      発達評価にもとづき個々の発達に応じた療育指導を行います。
  3. 地域支援
    • 地域連携
      近隣の乳幼児機関や教育機関と連携を取り地域における障害児(者)支援を行います。

診療の紹介
薬剤と検査の紹介
リハビリテーションの紹介
入所の紹介
通所の紹介
看護相談
地域療育支援
摂食・栄養指導
施設開放サービス
その他 (待ち合い室・売店)
ページ先頭へ
Copyright 東京都立東部療育センター All Rights Reserved. サイトマップ リンク集 個人情報保護方針